2021/8/22

コンテンツポリシー

軒先につるしておく。または縁側に置いておく。

このコーナーのコンテンツについてのポリシーです。いろいろと思いついたり、考えがまとまったことについて書いて、それを軒先につるしたり、縁側に置いておく感じです。一応、僕のものですが、勝手に持って行っても、そう目くじらを立てるってことはないっていうスタンスですね。ただ、持って行って使うのはその人の仕業ですから、僕は責任はとりようがありません。

案外、本質的なこと書くと思うし、そういうことは使い方を間違えると、ひどい目に遭うことだってあるので、注意してほしいんですけど、そうなったからと言って僕は責任はとれません。一応、毒抜きというか、それなりに配慮はしようと思いますが、それもまぁ個人的にやることなので、100%の保証などありません。

それでも本質的なことって、それなりに役に立っちゃうので、どこかでコンテンツが社会化することもあると思います。ただ、社会化させるのは僕じゃなくて、それを活用する皆さんなので、そこんところもよろしくです。そもそも、僕はどこまで行ったって社会よりちっぽけなので、どうしようもありません。

ただ、僕が社会的に伝えるという意図を持って、情報を発信する可能性もあります。その場合は、しかるべきプロセスを踏んで、しかるべき形で行うことになるでしょう。そのとき、素材としてここに書いたことを活用することは、大いにあるでしょう。

そういう場合は、ここにあるのは素案というか草稿なので、内容の差があるとかこっちの内容が不十分てことは当然あります。思いつきを書き付けた反故紙が部屋の中に散らばってるようなもので、社会的な配慮をする以前のものなので、不備があるのは当然ってことです。

まぁそういう意味では、鍵のかかっていない書斎のようなものですね。むろん、勝手に持って行って、気に入らない使い方をされたら「やめて」と言うこともあります。そこはそれ、やっぱり生み出した者の責任でもあるし。とはいえ、それには限界があるんでよろしくね、ってことでもあります。

この、デジタル技術が一般化した社会ので、個人的に「閲覧可能な環境に自分の考えをさらす」ということの、僕なりの見解ってやつです。そういう意味で、これはどこかのブログに出すわけでもなし。あくまでも自分で作った自分のサイトという、どこまでも個人的な場であることも、自分にとっては重要です。
SNSとか、ブログサービスとか、コンテンツ系サービスとか、基本的には伝えたいとか広めたいという意思が背景にあるってことにされがちじゃないですか。中には、自分でこういうふうに環境を持てない人だっていて、外部的なツールに頼らざるを得ないってこともあろ思うんですけど。

まぁともかくそういうわけで、ここにあるのは伝えるための情報ではありません。なので中身だしもつけないだろうし、図説だって不十分でしょう。でもまぁ、自分のために図解するってこともあるので、それも含めての話です。
あーなんか、書きたいことを書き終えたみたいで、眠くなってきました。ひとまずここは、ここまで。気が向いたら書き足すかもしれないけど。

ホームへ先頭へ前へ戻る